G-Searchトップ > InternetExplorer 7での動作と、Vistaでの文字入力について

InternetExplorer 7での動作と、Vistaでの文字入力について

Microsoft InternetExplorer 7での動作状況と、Windows Vistaで入力が可能になった新文字体系「JIS2004(JIS X0213:2004)」について、G-Search データベースサービスの対応は以下の通りとなります。

Microsoft InternetExplorer 7への対応

  • ゲートウェイサービス*1を除き、すべてのサービスで動作を確認しております。
  • InternetExplorer 7 で採用されたタブ機能は使用できません。
*1 ゲートウェイサービス:
  他のネットワーク経由で提供しているサービスのことです
  • Web BOOKPLUS
    (日外アソシエーツ図書内容情報)
  • Web MAGAZINEPLUS
    (日外アソシエーツ雑誌・論文情報)
  • Web WHOPLUS
    (日外アソシエーツ人物・文献情報)
  • 日経BP記事検索サービス
  • TKC法律情報データベース
  • 国内特許公報[ATMS]
  • TAS−MAP「土地建物評価
  • TAS−MAP「財産評価」
  • ゼンリン住宅地図サービス
  • JDreamII (科学技術医学文献データベース)]
  • 海外データベース

Windows Vistaで入力が可能になった新文字体系への対応

Windows Vistaでは、従来使用されていた文字種(JIS X0208:1997)を拡張した新しい文字種(JIS X 0213:2004)が使用できるようになりましたが、本サービスではこの拡張文字(環境依存文字)には対応しておりません。

・サインアップについて
オンラインサインアップは拡張文字に対応しておりません。全角文字が入力可能なエリアに拡張文字(環境依存文字)を入力しないで下さい。

・データベースの検索について
G-Searchデータベースサービスでは拡張文字(環境依存文字)では検索できません。
拡張文字(を含んだ条件)で検索すると、エラーメッセージが表示されるか、またはヒットしない状態(0件)になります。

・IDマネージャーについて
IDマネージャーは拡張文字に対応しておりません。グループ名、氏名、所属など全角文字が入力可能なエリアに拡張文字を入力しないで下さい。

拡張文字(環境依存文字)を入力しないためには

Windows Vistaでは文字の変換を行う際、「拡張文字(環境依存文字)」は「環境依存文字(unicode)」というコメントが表示されます。
サービスご利用の際、「環境依存文字(unicode)」というコメントが表示される文字は入力されないようご注意下さい。

文字変換例

「環境依存文字(unicode)」コメント表示例(画像は「しった」で変換した例)

Windows Vista で「環境依存文字(unicode)」コメントが表示されていない場合の設定方法

デフォルトではコメントが表示される設定になっていますが、表示されない場合は以下の方法で表示されるようにすることができます。

1. IMEのプロパティを開きます。
2. IMEツールバーの「ツール(ツールボックスのアイコン)」をクリックし、プロパティを選択します。

IMEのプロパティを選択

3. 「変換」タブの下部にある「コメントの表示」の「"環境依存文字"の文字コメントを表示する」のチェックボックスをチェックします。
4. 「OK」をクリックし、画面を閉じます。

IMEのプロパティの変換タブ

資料のご請求や、訪問デモをご希望の方はこちら

  • 資料請求
  • 訪問デモ等
カタログ

サービス紹介パンフレットや料金表PDFなど資料はこちら

ビジネスパートナーシップ

G-Searchへのコンテンツ提供、販売パートナーシップに関するお問い合わせ