農経新聞記事情報-検索結果サンプル

農経新聞新聞記事情報-検索結果サンプル

データベースサンプル

規格外品を有効利用小売業者らが開発/京野菜カレー

XXXX.XX.XX 農経新聞 X頁(全XXX字)

 

 規格外などの野菜を有効利用する手立ての一つが加工品の製造だ。
 全国に京野菜のネットワークを構築することを目的に、○○市内の青果小売店などで組織する京野菜販売協同組合(○○市○区)は、平成X年、京野菜を具材にしたレトルトカレーを商品化。数あるご当地カレーの中でも高い人気を誇り、現在も年間三万個以上を売り上げる。
 企画したのは、同市○区で農産物の業務卸やレストラン事業などを手がける「○○○○」。そのうちの一つで、京野菜の卸・小売業を担当する「○○○○」が、材料を調達。製造は、府内のメーカーに委託している。
 レシピは、同グループのレストラン「○○○」のシェフと、組合員らで開発。タケノコ、聖護院ダイコンを周年用い、これに夏は万願寺トウガラシ、冬は金時ニンジンが加わる。野菜の甘みが引き出され、味わいはまろやか。トマトの酸味と相まって、さっぱりといただける和風カレーに仕上がっている。
 小売価格は、一袋(二〇〇墜り)XXX円(税込)。野菜たっぷりなので、夏がXXX銑福冬がXXX銑覆函△なりヘルシー。
 「旬の野菜をボイル、または炒めてトッピングするのもオススメ」(○○○○・営業企画室)とのこと。

農経新聞社

※このサンプルは検索結果のイメージです。