テレビ・ラジオ視聴の現況〜平成XX年X月全国個人視聴率調査から〜

NHK放送研究と調査

データベースサンプル

テレビ・ラジオ視聴の現況〜平成XX年X月全国個人視聴率調査から〜
2006.XX.XX XXXX年X月号 (全3,761字)    
◆記事イメージの表示  
(PDF1頁 XXXKB)

XXXX(平成XX)年X月に実施した全国個人視聴率調査の結果を報告する。

調査期間はX月X日(月)〜XX日(日)の1週間,調査相手は全国の7歳以上の国民XXXX人,有効数はXXXX人(XX%)であった。

今回の調査期間中,X日(月)に,村上ファンド代表の逮捕によって番組の変更や休止があったほか,週末にFIFAワールドカップ2006が開幕して夜間・深夜に試合の中継があった。

調査方法,有効調査相手のサンプル構成比など,調査の概要については文末に掲載した。視聴率1%あたりの推定視聴者数は,全国で約XXX万人である。

〜〜〜中略〜〜〜

ラジオ全体の1日あたりの聴取時間量は,週平均でXX分(前年XX分)であった。このうちNHKラジオ計はXX分(前年XX分),民放ラジオ計はXX分(前年XX分)で,前年と変わっていない。男女年層別にみると,ラジオ全体の聴取時間量は男ではXX代以上,女ではXX代以上でXX分前後である(表XX)。

3.よく聞かれている番組

○○○○でよく聞かれているのは,表XXにあるように早朝の番組である。

○○○○では「○○○○」(X.X%),「○○○○」(X.X%)など昼の番組がよく聴かれている。

(視聴率グループ・○○○○/○○○○)

(○○○○/○○○○)

NHK放送文化研究所

※このサンプルは検索結果のイメージです。

ボタンをクリックすると PDFの記事イメージ(一部抜粋)が表示されます。

top