トップ > G-Search "side B" > 今月の特集
今月の特集
2005年11月14日更新
TAS-MAP「土地建物評価」「財産評価」
「売ったらいくら?」 「相続税はいくら?」不動産の評価額が簡単に!

株式会社タス提供のTAS-MAP「土地建物・財産評価」は、土地や建物を簡単な操作で評価することが出来るサービスです。検索から評価結果の表示まで全てインターネット上で行えます。

TAS-MAP「土地建物評価」「財産評価」ならではの、不動産評価サービスをご紹介いたします。

不動産情報を入力するだけで、カンタン・スピード審査

審査したい土地建物の不動産情報を入力するだけで、TAS-MAPが「路線価」「公示価格」「調査価格」や「不動産鑑定評価基準の手法」を持ちいて査定します。



【ご利用事例】 金融機関、不動産関連企業様から個人の方まで

■金融機関様

住宅ローンをはじめ、資産相談やアパートローンなどのリテールやファイナンス部門に最適です。また、債権回収、債権償却などの調査ツールの業務にもご活用いただけます。

■不動産関連企業様

不動産仲介のプレゼンや富裕層の財務・資産活用の業務にご利用いただけます。また、価格動向調査や仕入れ時の不動産資料にもご活用いただけます。

■個人のお客さま

不動産の購入や売却を考えている方、不動産担保ローンを検討されている方に最適。ご自身で評価額を査定することができるので、プランを持った上で、お取引が可能です。


ケースに分けて、2つの査定サービスを選べます

TAS-MAPでは、土地、建物を実勢価格ベースで評価する「TAS-MAP土地建物評価」と、国税庁の定めに基づいた土地及び土地の上の存するものの評価を行う「TAS-MAP財産評価」をご提供いたします。

土地建物評価は不動産鑑定評価基準の手法に基づく不動産価格査定システムです。路線価、公示価格、調査価格等を用いて全国の土地建物の評価レポートを取得できます。

※事前準備に必要なもの

土地の地積、建物の延べ面積、築年月および対象不動産の用途地域が必要となります。

※こちらから土地建物評価の利用方法が確認できます




財産評価は国税庁が定めた「財産評価基本通達」にもとづいた評価を行います。対象地の地積、間口長、奥行長などの基本要素を入力すると相続税路線価を使用した評価を行い、地図付評価証明書を取得できます。

評価明細書は国税局が指定するフォーマットを採用しているので、印刷してそのまま提出することが出来ます。

※事前準備に必要なもの

土地の地積、間口、奥行、利用区分、地区区分等が必要となります。登記簿謄本、実測図、公図、地積図、賃貸借契約書をご準備下さい。また、倍率地区(相続税路線価がない地区)の場合は固定資産税評価証明書が必要です

※こちらから財産評価の利用方法が確認できます



用途に合わせてお使いください

評価レポートの提供料金は、「土地建物評価」と「財産評価」で異なります。また評価レポートは、土地建物評価ではPDFで、財産評価ではエクセルでダウンロードします。出力サンプルをご覧頂いて用途に合う評価レポートをお選びください。

出 力 形 式 と サ ン プ ル
サービス名 表示項レ 料金 サンプル

土地建物評価

地図の表示 1,000円(※1) (土地建物評価レポート
評価結果 4,000円(※2)
評価レポート出力(2回目以降) 2,000円(※3)

※1 「評価のための準備:住所で検索する」画面で、【地図表示】ボタンを押すと地図表示料金がかかります。

※2 「評価のための準備:条件を確認する」画面で、【この条件で評価する】ボタンを押すと評価料金がかかります。評価料金には評価レポート(PDF)の出力1回分を含みます。

※3 「評価結果」画面では【更新】ボタンにより補正値と備考内容の変更が可能です。更新後、評価レポートを出力した場合に、2回目以降の出力として別途料金がかかります。

財産評価

評価結果の表示
(市街地図付)
1,500円 (財産評価レポート
評価結果の表示
(住宅地図付)
1,000円
住宅地図の表示 1,000円(※1)

※1 「評価のための準備:住所で検索する」画面で、【地図表示】ボタンを押すと地図表示料金がかかります。



ビジネスやご自身の財産評価をはじめとした、あらゆる用途にも「TAS-MAP「土地建物評価」「財産評価」」はご活用いただけます。是非、ご利用ください。

バックナンバーを見る トップにもどる
TAS-MAP「土地建物評価」「財産評価」

[プロデューサー]
 ・ディストリビュータ
  株式会社タス

[サービス時間]
7:00〜翌5:00
[更新頻度]

  相続税路線価 :毎年10月頃
  地価公示 :毎年4月頃
  地価調査 :毎年10月頃
  調査事例 :随時

サービスへ入る
土地建物評価の利用方法
財産評価の利用方法
サービス利用には「G-Search会員登録」が必要です。
G-Searchへ入会案内

G-Search
株式会社ジー・サーチ