トップ > G-Search "side B" > 今月の特集
今月の特集
2004年10月28日更新
アジアの現地メディアの情報を日本語で検索!

韓流ブームで日本でも話題の韓国や、世界最大のマーケットとして注目される中国をはじめとするアジアの現地メディアの情報を、日本語で検索できるデータベース「朝鮮日報記事情報」「Korea News & Today」「CHINA HEADLINE」「NNAアジア経済情報」をご紹介します。

韓国最大の発行部数を誇る新聞を検索! 「朝鮮日報記事情報」

「朝鮮日報記事情報」とは?
ソウルに本社を置く、韓国で最大の発行部数(約266万部)と最古の歴史(1920年創刊)をもつ日刊新聞「朝鮮日報」の日本語訳記事を収録しています。

朝鮮日報 記事見出しイメージスタッフおすすめ記事をピックアップ!

日本だけでなく、アジア全域で広がる韓流ブームに関する記事の一部をご紹介。

検索例(→) :
キーワード 「韓流」 で、タイトルに含まれる文字列を検索した例。

なぜか通行止めの看板と記念撮影する日本人観光客がいるそうで、こんな記事も...。

朝鮮日報 記事本文イメージ
朝鮮日報記事情報 「これは『冬ソナ』記念看板ではありません!」( 記事本文イメージ)


今の韓国を知る!最新ニュースなら 「Korea News & Today」

「Korea News & Today」とは?
KRN株式会社が発行するFAX・オンラインニュース「THE DAILY KOREA NEWS」の記事を収録しています。韓国・北朝鮮の最新のニュースやニュース解説、分析、各種統計、ニュース速報を日本のビジネスマン向けに日本語で配信しています。

スタッフおすすめ記事をピックアップ!

韓国の話題のレポート「今朝の話題」。今、ソウルで最も注目されている話題をわかりやすくまとめています。

「Korea News & Today 記事見出しイメージ
Korea News & Today 「今朝の話題」 (記事見出しイメージ)

ヤクルトおばさんは韓国にもいるのです。

Korea News & Today 記事本文イメージ
Korea News & Today 「【ひと】今年の『ヤクルトおばさん』」 (記事本文イメージ)


中国の経済紙・産業紙を検索!「CHINA HEADLINE」

「CHINA HEADLINE」とは?
「市場報(人民日報主辧)」「経済日報」「国際商報」「中国貿易報」「中国汽車報」「中国化工報」「中国医薬報」「中国紡織報」ほか、中国の代表的なビジネス紙の記事を収録しています(収録各紙のプロフィールはこちら)。

スタッフおすすめ記事をピックアップ!

中国を北京、天津、上海などの主要都市や華北、華中、華南などの地域を限定して、 また、政治、経済などの分野も指定でき、産業は更に詳細な分野を指定できます。

検索例(↓) : 北京でのIT関連の記事を検索した例。

CHINA HEADLINE 検索画面イメージ
CHINA HEADLINE (検索画面イメージ)

CHINA HEADLINE 記事見出しイメージ
CHINA HEADLINE (記事見出しイメージ)


アジア全域をカバーする現地の情報なら 「NNAアジア経済情報」

「NNAアジア経済情報」とは?
株式会社NNAがFAX・オンラインで配信するアジア各国の現地の経済ニュース「The Daily NNA (アジア各国版)」を収録しています。現地に支社を構えて取材にあたっており、日系企業の動向や自動車、家電業界の情報が特に充実しています。

朝鮮日報記事見出しイメージスタッフおすすめ記事をピックアップ!

各地の取材陣が書く現地のコラム「テイクオフ」は現地の今を知る上で必読です。

検索例(→) :
キーワード 「テイクオフ」で、タイトルに含まれる文字列を検索した例。

一部の記事本文には、図表・写真も収録しています。

NNAアジア経済情報 記事本文イメージ
NNAアジア経済情報 「広告費トップはVW、自動車メーカー調査[車輌]」 (記事本文イメージ・1)

NNAアジア経済情報 記事本文イメージ
NNAアジア経済情報「広告費トップはVW、自動車メーカー調査[車輌]」 (記事本文イメージ・2)


これらの記事データベースは、アジア各国の現地の経済・産業調査などの業務ユースから、各国の文化・スポーツなど情報収集といった個人ユースまで幅広くご利用いただけます。 また、今回ご紹介したサービスは、新聞・雑誌記事横断検索からもご利用いただけます(「Korea News & Today」を除く)。ぜひご活用ください!



今回ご紹介したサービスのご利用はこちら
朝鮮日報記事情報 → サービス概要を確認 → サービスへログイン
NNAアジア経済情報 → サービス概要を確認 → サービスへログイン
  G-Search入会案内 >>
※情報提供元の都合により Korea News & Today 、CHINA HEADLINE は終了しました。

バックナンバーを見る トップにもどる

G-Search
株式会社ジー・サーチ