注目の用語
用語集 > 健康
猫カフェ

猫カフェとは簡単に言うと「猫と遊びながらお茶が飲めるカフェ」だ。

お店によって違いはあるが、店には10匹程度の猫がおり、店中で気ままにブラブラとしている。お客さんはそこで、普通の喫茶店と同じようにお茶やお菓子を注文して、のんびりとしながら猫と遊べるわけだ。

多くの猫カフェでは、猫たちに店長や従業員という肩書きを持たせて、猫がお客さんをおもてなしするコンセプトとなっている。

1998年に台湾でオープンした「猫花園」が猫カフェの発祥のようだ。猫カフェは、現在でも台北の市内を中心に約10店が営業をしているという。

日本では、2004年3月に大阪市北区でオープンした「猫の時間」が猫カフェの草分け的存在。これをきっかけに全国に猫カフェが進出し、現在では全国に約20店舗程度の猫カフェがあるという。