sideBトップ バックナンバー 入会案内 G-Search
トップ > G-Search "side B" > 応援しないともったいない! sideB的北京五輪注目選手(前編)
平和に、大成功して欲しいですね
応援しないともったいない! sideB的北京五輪注目選手(前編)(後編)
2008年8月5日 (text by sideB編集部)

2008年8月8日、北京五輪が開幕します。出場する日本選手は、26競技・339人。7月28日には結団式が開催され、五輪ムードは最高潮に達している。

そこで、北京五輪に出場する選手の中から、G-Searchの新聞・雑誌記事横断検索人物情報横断検索で調べた、気になる選手をご紹介します。
ただし、ここはsideBですから、水泳の北島選手やバドミントンのオグシオは登場しませんよ。あしからず。

G-Searchで提供している「日外アソシエーツ現代人物情報」(人物情報横断検索)と「Web WHOPLUS(日外アソシエーツ人物・文献情報)」では、北京五輪に出場するほぼ全ての選手のプロフィールを収録しています。 検索画面にログインしたら、フリーキーワードに「北京五輪代表」と入力して検索するとヒットします。
馬術・八木三枝子選手

1964年の東京五輪以来、44年ぶりに代表に選出された67歳の法華津選手で一躍話題になった馬術ですが、その影に隠れたすごい選手がいました。それが八木三枝子選手。女性に年齢のことをいうのは失礼なのですが、なんと58歳。29歳と27歳の子供がいらっしゃるママさん選手です。

八木選手は異色の経歴の持ち主でもあります。馬術は7歳から始めたものの、15歳で引退。その後、結婚・出産して、子育てが一段落した38歳になってから、馬術に復帰。しかも、23年ものブランクを克服して、1994年から2003年まで全日本選手権で10連覇という快挙を成し遂げています。

それにしても、7歳で馬術をしていたということは、かなりのお嬢様であったと思われます。スポーツ報知の記事で八木さんのインタビューが掲載されていますが、そのコメントは非常に品があります。ぜひご一読を。

ちなみに、八木選手は日本の歴代の女性高齢選手では実は2番目。1番目は1988年のソウル五輪に出場した井上喜久子さん。63歳でした。出場した競技は八木選手と同じく馬術です。いくつになっても第一線で活躍できる競技が五輪の種目にある、というのはとても素晴らしいことだと思います。

八木選手は、法華津選手と北井裕子選手(35歳)との3人で馬術団体戦に出場。平均年齢53歳!のチームが北京の舞台で愛馬と共に駆け巡ります。

G-Searchデータベースの情報を見る (※会員限定)
近代五種・村上佳宏選手

「近代五種」という競技がどのようなものなのかご存知でしょうか? 近代五輪の父と呼ばれるクーベルタン男爵(第2代IOC会長)が「五輪の華」と称したほどの競技なのですが、その内容は、1人の選手が1日で、射撃(エアピストル20発)、フェンシング(エペ)、水泳(200メートル自由形)、馬術(障害飛越)、陸上(3000メートル走)の順番で5種目を行うというもの。全く異なる種目をこなして競うのです。しかも、この競技にかかる時間は約11時間! 「五輪の華」どころか「1人五輪」ですなぁ。

この近代五種に、日本選手としては4大会ぶりに唯一出場するのが村上佳宏選手。学生時代は日体大で水泳選手として五輪出場を目指していましたが、日本選手権に出場できずに断念。その後、自衛隊体育学校に入り、恩師のアドバイスもあって、近代五種での五輪出場を目指しました。ただ、これまでの水泳に加えて、全くの未経験だったという射撃やフェンシング、馬術も習得しなければならないわけですから、その苦労は並大抵なものではなかったはずです。

そして、2004年のアテネ五輪予選のアジア選手権に出場しましたが、残念ながら五輪出場枠の5位までに一歩届かず、6位という結果に終わってしまいました。しかし、今回の北京五輪予選のアジア選手権で見事に5位に入り、北京五輪出場を決めました。更に、この日は奥様の誕生日でもあったそうです。新婚旅行にはまだ行けていないとのことで、この北京が新婚旅行になるそうです。自身の五輪出場に加えて、奥様にも最高のバースデープレゼントを送ることになりました。

G-Searchデータベースの情報を見る (※会員限定)
関連情報サイト
関連記事情報(for G-Searchデータベース)
2008.07.29 日刊スポーツ 東京日刊 (全1,200字)
クーベルタン,ピエール・ド (ピエール・ド・クーベルタン男爵)
日外現代人物データベース
※関連記事を見るためにはG-Searchの会員登録が必要です。
※関連記事の本文表示は有料となります、ご注意ください。