sideBトップ バックナンバー 入会案内 G-Search
トップ > G-Search "side B" > 30代層の心を惹きつけてやまない「ガンプラ」を是非作ってみよう!(前編)
世代を超えて愛される理由とは?
30代層の心を惹きつけてやまない
「ガンプラ」を是非作ってみよう!(前編)
2008年7月8日 (text by み)

ガンダムに興味の無い方でも「ガンプラ」あるいは「ガンプラブーム」という言葉は聞いた事があるのではないでしょうか。

ガンプラは、機動戦士ガンダムというアニメに出てくるロボット(劇中ではモビルスーツと呼ばれています)を中心にした、プラモデルの事で、ガンダムプラモデルから「ガンプラ」と呼ばれるようになったものです。

このガンプラですが、発売から28年も経つ今でも幅広い世代に人気があるといいます。今回はこの「ガンプラ」人気の秘訣を「新聞・雑誌記事横断検索」を検索して調べてみました。

世代を超え愛されるガンプラ人気に迫ります!

累計販売数は約4億個、売れ続けるガンプラ

ガンプラは、機動戦士ガンダムの放送開始翌年の1980年にバンダイから1/144サイズのプラモデルが発売され爆発的人気に。売り切れが続出し、入荷日には小学生らがおもちゃ売り場に並ぶなどの大騒動になりました。

戦後の事件、事故をあつかった写真集「戦後50年」(共同通信社刊)にも取り上げられたそうです。

このガンプラブームをご記憶の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それから28年、ガンプラは売れ続け、全世界で約1200種、累計販売数は約4億個になるというからびっくりです。現在でも、年間1500万個を生産しているそうです。

発売当時は1/144サイズ300円でからはじまったガンプラも今では、そのグレードやラインナップも豊富。値段も数百円から数万までとさまざまです。

ガンプラの新製品が数ヶ月ごとにラインナップされる現在は、まさに「第二次ガンプラブーム」といえるのではないでしょうか。

28年継続する人気の理由は?

28年間も継続した人気を維持している理由を個人的に考えてみると

  • (発売当初のものよりも)関節部の可動が飛躍的に良くなり、劇中のポーズなどを自由に再現出来るようになったこと(作ったあと遊べる)
  • スナップフィットキットとよばれる、接着剤不要で組み立てが簡単に出来ること
  • パーツの色分けがなされており、塗装しなくても、組み立てただけで劇中のイメージが再現可能な事

など、バンダイが20年以上かけて磨き上げた多色成形の技術と、それを実現する金型の製造技術といった、高機能プラモデルの提供という所が大きいのではないでしょうか。

腕のひじや脚のひざなどに採用された二重関節と、股間部の自由関節によって可動性は飛躍的に向上した


劇中のポーズなども自由に再現できるように

また、ガンプラならびにガンダム支持者層の貢献もおおきいでしょう。
現在のガンプラを支えている購買層は、80年代の第一次ガンプラブームを小中学生時代に体験して大人になった30代の層と、今放映されている新しいガンダムのTVシリーズを見て購入する小中学生といったジャストタイム世代の2つの山があるという。

※現在放送中の「ガンダム00」は前編シリーズが2008年3月29日で一旦終了。
後編は期間をおいて放送予定。現在は地上波深夜枠、ネット、BS等で前編シリーズを再放送中。

また、第一次のガンプラブームを体験した世代が大人になり、ゲームなど周辺商品を開発する立場となって関わっているのもブームの継続に一役買っているのだろう。
バンダイナムコグループの「ガンダム」関連売り上げは545億円になるという(2006年度)。

ガンプラを是非作ってみよう!

かく言う自分も、まさにこの購買ターゲットにはまっている世代で、小学生の息子と一緒にガンプラ作りを楽しんでいます。

もうプラモデルなんか随分作ってない、作ったことがないという方も是非子供時代を思い出して挑戦してみてほしい。

お薦めは、ラインナップ数が多いHGシリーズだ。値段も千円くらいから〜数千円と手ごろな設定になっています。
縮尺も1/144(架空のスケールですが。。。)と統一されていて、複数作って並べたり、戦闘シーンを再現するといった楽しさもあります。

パーツの色分けもされていて接着剤も不要。パチパチとはめ込んでいくだけで遜色無い仕上がりになります。

リンク:超個人的な趣味による「ガンプラ勝手に推薦」はこちら

もっと、お手軽スピーディーにという方には、ランナー状態(組み立て前)で既に、塗装済みになっているスピードグレードコレクションがお薦め、値段も620円〜780円、早い人なら30分程で完成する事ができます。
簡単、手軽なので、お子様や彼女と一緒に作るのもいいかもしれません。

もちろん、昔ながらの塗装や改造を施して楽しんでいるユーザーもいて購買者層の裾野も幅広い。原油高騰で、バンダイがガンプラ値上げを検討しているという事だが(こんな所にも原油高騰の影が!)、2世代にわたって、親しまれているガンプラ。これからも楽しませてほしいものです。

関連情報サイト
関連記事情報(for G-Searchデータベース)
2008.05.26 東京朝刊 26頁 特集面 写図有 (全479字)
2006.01.12 西部夕刊 1頁 1面 写図有 (全1,468字)
2001.11.16 東京夕刊 10頁 文化 写図有 (全1,055字)
※関連記事を見るためにはG-Searchの会員登録が必要です。
※関連記事の本文表示は有料となります、ご注意ください。