sideBトップ バックナンバー 入会案内 G-Search
トップ > G-Search "side B" > 30代層の心を惹きつけてやまない「ガンプラ」を是非作ってみよう!(後編)
世代を超えて愛される理由とは?
30代層の心を惹きつけてやまない
「ガンプラ」を是非作ってみよう!(後編)
2008年7月8日 (text by み)
超個人的趣味による「ガンプラ勝手に推薦」

ほんとうにガンプラにはたくさんの種類があるので、自分の好みにあったガンプラを選んで作るのが一番かと思いますが、デスクに言われたこともあり、超個人的な趣味でいくつかご紹介したいと思います。

ただ、どちらかというとマイナーな趣味なので、参考にならない場合も(多々)ございますので、ご了承の程よろしくお願いします。

なんといってもGM(ジム)だぁ!〜RGM-79 ジム〜

もう、この時点ですでにブーイングが聞こえてきそうです。。。
そうです、永遠のやられメカ、ジム。

ジムは主役メカであるガンダムの量産型として製造されたという設定のメカで、デザインは主役機ガンダムと比べて極めてシンプル。一般の名も無き兵士が搭乗し、主役機ガンダムと違って、どんどんやられてしまいます。。。その他大勢の「やられメカ」という役回り。。。

でも、汎用人型機械としてこのシンプルさがロボットらしくて好きです。

ムスコが作った「HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 ジム RGM-79」。塗装もなにもしてなくてこれだけ色がわかれてます。

現在売り出されているHGUC 1/144 RGM-79 ジムはユニバーサルセンチュリーと銘打ったHGシリーズのガンプラで、アニメガンダムシリーズの第一作である機動戦士ガンダムとそこから派生した作品に出てきたモビルスーツを新しい技術でリニューアルして売り出しているガンプラのシリーズ。

コンセプトデザインはアニメ、ゲームでファンに絶大な人気を誇るメカニックデザイナー、カトキハジメ氏が担当しています。

ジムの魅力はそのバリエーションの多さ〜ジム寒冷地仕様〜

ジムは、第一作目の機動戦士ガンダムに登場して以来、続編や、番外編のオリジナルビデオアニメ(OVA)などでジムはさまざまなバリエーションが登場しています。
色々な仕様のジムが楽しめるのも、量産機という設定ならでは。

RGM-79D ジム寒冷地仕様は、OVAの「機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争」、通称「ポケ戦」に登場、冒頭、敵軍のハイゴックに急襲されてたじたじになります。。。

1/144 ジム寒冷地仕様 RGM-79D」これもムスコが作りました。

昔AFVモデルにはまった方にもおすすめ!〜ティエレン(地上型)〜

最後に最新のアニメ「ガンダム00」から、「1/144 HG ティエレン(地上型)」をご紹介。

人革連という勢力?国?のロボット兵器という設定で、これまでのガンダムのデザインにない、無骨な戦車っぽいデザインのロボットです(色も緑色ですし)。

なので、過去にAFV(戦車などの戦闘車両のことをこう言います)や戦闘機などのスケールモデルをちょっとかじった方にもオススメです。

実際の戦車などのプラモデルを「本気で作るぞ!」となると、どうしても資料収集からはじめなくてはいけません。IV号戦車J型の後期型の装備はこうとか。。。

それも含めてプラモデル作りを楽しむというのももちろんアリですが、結構敷居が高いというのも正直なところです。

あと、戦車など実際の兵器はちょっとと、いう方もいらっしゃるかもしれません。

その点、ガンプラなら、もろもろの事を架空のものとしてさっぱり割り切ることができますし、実際仕様に縛られず空想を膨らませて自由に作れるので、純粋にプラモデル作りに集中できるのです。

AFVモデルに昔はまった方や、ガンプラを組み立てるだけじゃなく、もうひと手間かけて、ちょっと塗装に挑戦してみたいという方、いかがでしょう?オススメです。

1/144 HGUC 陸戦型ガンダム」ティエレンではありませんが、汚れや傷など塗装を施したものです。


アップにするとこんな感じ

関連情報サイト
関連記事情報(for G-Searchデータベース)
2008.05.26 東京朝刊 26頁 特集面 写図有 (全479字)
2006.01.12 西部夕刊 1頁 1面 写図有 (全1,468字)
2001.11.16 東京夕刊 10頁 文化 写図有 (全1,055字)
※関連記事を見るためにはG-Searchの会員登録が必要です。
※関連記事の本文表示は有料となります、ご注意ください。