sideBトップ バックナンバー 入会案内 G-Search
トップ > G-Search "side B" > 球春到来!2007年プロ野球をチーム別に分析!
今年はどんなシーズンとなるか!
球春到来!2007年プロ野球をチーム別に分析!
2007年2月8日 (text by な)

球春到来!2007年プロ野球をチーム別に分析!

2月1日、12球団が一斉にキャンプインしたプロ野球。キャンプは早くも第2クールが始まり、早いチームでは紅白戦も始まった。

今年は例年以上にFA移籍や大型トレードがストーブリーグを盛り上げ、各チームの戦力も大きく変わっている。

そこで、今回はG-Searchが「新聞・雑誌記事横断検索」で提供するの新聞記事バックナンバーから、2007年のチーム別戦力を紹介する。(敬称略、順不同)

パ・リーグ

北海道日本ハムファイターズ

戦力としてはもちろん、それ以外の部分でも絶大な影響力を誇った新庄が引退。
また、FAで小笠原が巨人へ、岡島がメジャーのレッドソックスへ移籍した。
投打の主力が抜けた穴をどう埋めるのか。ヒルマン監督のスモールベースボールの真価が問われる一年になりそうだ。

※新入団
ブライアン・スウィーニー、ライアン・グリン、アンディ・グリーン

※新入団(ドラフト)
宮本賢、糸数敬作、山本一徳、金子洋平、今浪隆博、内山雄介、吉川光夫、植村祐介、ダース・ローマシュ匡

※退団
新庄剛志、小笠原道大、岡島秀樹、矢野諭、井場友和、ブラッド・トーマス、佐々木貴賀、フェリックス・ディアス、コリー・リー、岩下修壱、ホセ・マシーアス、森章剛、横山道哉

●西武ライオンズ

今年一番の注目を集めた松坂のメジャー挑戦はレッドソックスがポスティングシステムにより60億円で落札した。8年間で108勝、10勝を逃したのは一度しかないという球界一の大エースの替わりはそう簡単には見つかるものではないが、新たに獲得したメジャー通算55勝のジョンソンを中心にどうカバーしていくかがポイントになりそうだ。

※新入団
ジェイソン・マイケル・ジョンソン、黒田哲史(巨人)

※新入団(ドラフト)
岸孝之、山本淳、原拓也、岩崎哲也、大崎雄太朗、木村文和、朱大衛

※退団
松坂大輔、後藤光貴、杉山春樹、椎木匠、田崎昌弘、小野剛、張誌家(チャン・ズージャ)、宮崎一彰、高波文一

●福岡ソフトバンクホークス

最大の補強に成功したといわれるソフトバンク。巨人から小久保が復帰、横浜から多村をトレードで獲得し、松中と合わせた和製40発トリオが完成した。投手陣は若手4本柱の斎藤、新垣、和田、杉内に加え、即戦力ルーキーの大隣、ヤクルトから移籍のガトームソンを獲得。今年こそ悲願の日本シリーズ出場と日本一に向け、付け入る隙を与えない。

※新入団
小久保裕紀(巨人)、多村仁(横浜)、リッキー・ガトームソン(ヤクルト)、アダム・ハイズデュ、ブライアン・ブキャナン、クリストファー・ニコースキー

※新入団(ドラフト)
大隣憲司、高谷裕亮、森福允彦、長谷川勇也、川頭秀人、福田秀平、伊奈龍哉、李秉諺

※退団
ズレータ、吉武真太郎、大道典嘉、寺原隼人、井出竜也、鳥越裕介、北野良栄、岡本劼能、芝草宇宙、D・J・カラスコ、榎本敏孝、宮地克彦、ホルベルト・カブレラ

●千葉ロッテマリーンズ

※新入団
呉偲佑、フリオ・ズレータ(ソフトバンク)、早川大輔(オリックス)

※新入団(ドラフト)
神戸拓光、荻野忠寛、江口亮輔、中郷大樹、角中勝也、松本幸大、大嶺祐太、佐藤賢治、黒滝将人

※退団
戸部浩、辻俊哉、林孝哉、諸積兼司、寺本四郎、杉原洋、瑞季(みずき=田中瑞季)、垣内哲也、喜多隆志、井上純、ジャスティン・ミラー、ケビン・バーン、マット・フランコ、ヴァル・パスクチ

●オリックスバファローズ

※新入団
辻俊哉(楽天)、鴨志田貴司(巨人)、長田昌浩(巨人)、グレッグ・ラロッカ(ヤクルト)、ランス・カーター、チャド・アレン

※新入団(ドラフト)
小松聖、大引啓次、延江大輔、梅村学人、仁藤拓馬、土井健大

※退団
早川大輔、谷佳知、中村紀洋、吉原孝介、小川裕介、三木仁、中本和希、野村宏之、小島昌也、クリフ・ブランボー、カリーム・ガルシア、ウェス・オバミュラー

●楽天ゴールデンイーグルス

※新入団
戸部浩(オリックス)、林恩宇、佐藤宏志(巨人)、ケビン・ウィット

※新入団(ドラフト)
永井怜、嶋基宏、横川史学、渡辺直人、田中将大、山本大明

※退団
根市寛貴、永池恭男、戸叶尚、矢野英司、玉木重雄、金田政彦、佐藤和宏、ライアン・グリン、セドリック・バワーズ、カツノリ、酒井忠晴、佐竹学、益田大介、エリック・バレント、飯田哲也

セ・リーグ

●中日ドラゴンズ

毎年現有戦力で戦いをする姿勢を貫く落合ドラゴンズ。今年も目立って大きな補強はしていないが、大幅な戦力ダウンもしていない。セ・リーグ初のプレーオフ制覇に向けて、今年も俺流を貫けるか。

※新入団
三沢興一(ヤクルト)、ジョー・バレンタイン、サンティアゴ・ラミレス、フランクリン・グラセスキー、李炳圭(イビョンギュ)

※新入団(ドラフト)
田中大輔、浅尾拓也、菊地正法、岩崎達郎、清水昭信、西川明、堂上直倫、福田永将

※退団
遠藤政隆、高橋光信、川相昌弘、落合英二、鳥谷部健一、ドミンゴ・グスマン、クラウディオ・ガルバ、柳沢裕一、桜井嘉実、奈良原浩、アレックス・オチョア

●阪神タイガース

左のエース井川がヤンキースへポスティング移籍。毎年10勝以上は計算ができるエースの離脱は大きいが、新外国人選手や若手の台頭に期待したい。

※新入団
高橋光信(中日)、エステバン・ジャン、ライアン・ボーグルソン

※新入団(ドラフト)
小嶋達也、上園啓史、清水誉、大城祐二、野原将志、橋本良平、横山龍之介

※退団
井川慶、萱島大介、中林佑輔、筒井壮、片岡篤史、町田公二郎、クリス・オクスプリング、シェーン・スペンサー

●東京ヤクルトスワローズ

今年のポスティング移籍の目玉の1つだった岩村明憲がデビルレイズへ移籍。また、ガトームソン、ラロッカなど優良外国人2選手も他球団へ去ってしまった。他球団からの大型補強は行わず、生え抜き選手を育てるチームカラーは今年も健在で、古田兼任監督の手腕が試される。

※新入団
遠藤政隆(中日)、アーロン・コリン・ガイエル、セス・アダム・グライシンガー

※新入団(ドラフト)
高市俊、西崎聡、衣川篤史、増渕竜義、上田剛史、山田弘喜

※退団
岩村明憲、リッキー・ガトームソン、グレッグ・ラロッカ、三沢興一、土橋勝征、細見直樹、山部太、本間忠、平本学、松谷秀幸、高橋敏郎、久保田智

●読売ジャイアンツ

※新入団
門倉健(横浜)、吉武真太郎(ソフトバンク)、小笠原道大(日本ハム)、小田嶋正邦(横浜)、谷佳知(オリックス)、大道典嘉(ソフトバンク)、デーモン・ホリンズ、ルイス・ゴンザレス

※新入団(ドラフト)
金刃憲人、上野貴久、円谷英俊、深沢和帆、寺内崇幸、深町亮介、坂本勇人、田中大二郎、伊集院峰弘

※退団
黒田哲史、小久保裕紀、佐藤宏志、工藤公康、仁志敏久、桑田真澄、鴨志田貴司、長田昌浩、堀田一郎、大西崇之、ゲーリー・グローバー、伊達昌司、南和彰、平岡政樹、横川雄介、原俊介、ジョー・ディロン、ジョージ・アリアス、十川雄二

●広島東洋カープ

※新入団
ジャレッド・フェルナンデス

※新入団(ドラフト)
宮崎充登、上野弘文、青木高広、中東直己、前田健太、会沢翼

※退団
苫米地鉄人、マイク・ロマノ、天野浩一、ジョン・ベイル、玉山健太、ファン・フェリシアーノ、鈴衛佑規、浅井樹、福井敬治

●横浜ベイスターズ

※新入団
寺原隼人(ソフトバンク)、仁志敏久(巨人)、工藤公康(巨人)、スコット・チアソン、ホセロ・ディアズ、横山道哉(日本ハム)

※新入団(ドラフト)
高崎健太郎、下園辰哉、下窪陽介、吉原道臣、北篤、梶谷隆幸、高森勇気

※退団
多村仁、門倉健、小田嶋正邦、万永貴司、森大輔、福本誠、村西哲幸、田中一徳、ジェイソン・ベバリン、ショーン・ソニア

関連情報サイト
関連記事情報(for G-Searchデータベース)
2006.11.22 スポーツ報知 4頁 写有 (全10,155字) 
・惜別球人(2006年)
スポーツニッポン(2006.12.12〜2006.12.23)
※関連記事を見るためにはG-Searchの会員登録が必要です。
※関連記事の本文表示は有料となります、ご注意ください。