sideBトップ バックナンバー 入会案内 G-Search
トップ > G-Search "side B" > 目指せ南アフリカ!徹底解剖オシムジャパン
どうすれば代表になれるか分析
目指せ南アフリカ!徹底解剖オシムジャパン
2006年10月05日 (text by ほ)

練習

ドイツでケチョンケチョンに蹂躙されて終わったワールドカップ。悪夢の6月23日から日本代表は、すでに5試合をこなしました(06年10月5日現在)。
以前のコラム(前回記事はこちら)で、南アフリカ大会に向けて日本代表に選ばれるための秘策を披露しましたが、あれからすったもんだの末、オシム新監督に変わったため、秘策は何の役にも立ちませんでした。

そこで今回のコラムでは、オシム新監督のメンバー選択の傾向をG-Searchの新聞・雑誌記事データベース調べあげ、南アフリカを目指す方のために新たな秘策を考えていきましょう。今回は役に立つぞ!

ここまで日本代表に選ばれた選手は33人。

前回同様まずは所属チーム(かっこ内は所属チームの順位10/4現在)から

浦和(1)   7人
G大阪(2)  5人
千葉(7)   5人
横浜M(9)  4人
広島(15)   2人
大分(6)   2人
川崎(2)   2人
F東京(14)  2人
磐田(8)   1人
清水(4)   1人
大宮(13)   1人
名古屋(11)  1人

やはり上位チームでしょう。J2とJ1をウロウロしているチームからの選出は難しいでしょう。オシムチルドレンになるのが一番の近道なんだけど・・・・今となってはもう間に合わない。そこでオシム監督の息子が監督を務める千葉に入り「オシムグランドチルドレン」を目指そう。

続いて出身地

北海道  1人
宮城   1人
千葉   3人
埼玉   3人
東京   2人
神奈川  2人
静岡   4人
長野   1人
愛知   1人
三重   1人
和歌山  1人
大阪   1人
兵庫   2人
山口   1人
高知   1人
大分   1人
長崎   1人
熊本   1人
宮崎   1人
鹿児島  1人
沖縄   1人

ブラジル 2人

相変わらず静岡が強いのですが、関東勢が伸びています。見逃せないのが九州勢。もうすぐで1県1人を達成します。
別の見方をすると日本海側が極端に少ないようです。やはり雪が多いのが影響するのかな。

血液型はどうだ(かっこ内は日本人平均)

O型  13人 40%(29.9%)
A型  11人 33%(39.8%)
B型   6人 18%(19.9%)
AB型  3人  9%( 9.9%)

相変わらずO型が強いですね。今回も「攻撃的な選手にO型が多い」という法則は生きています。他のスポーツはどうなんでしょう?調べてみる価値があるかもしれません。
さて肝心の監督の血液型ですが、まだ調べがついていません。なので相性占い的な判断はしばらくお待ちください。ってそれはいつだ?

体格

前監督はワールドカップ敗戦を「日本人は体格で劣っていた」と、「おいおい、そんなもん昨日今日の話じゃねーだろ」と誰もがツッコミを入れそうな、モノ凄い言い訳で総括していました。
監督が変わってから随分小ぶりな選手が増えた気がしたので調べてみました。

2006WCの23人の平均身長/体重:179cm / 74.1kg
2006WC後の代表の平均身長/体重:176.4cm / 70.9kg

新しい監督はチビッコ選手が好きなようです。おっきい人がドスドス動くより、ちっこい人がチョコマカしてた方が「走るサッカー」っぽいですからね、何となく・・・。

さて結論

現在、福岡県、佐賀県(この2県にはまだ九州枠が残っている)、静岡県、関東一円出身の20歳前後(代表の平均年齢ー4)、血液型0型、A型、176cm以下のサッカー選手は、迷うことなくレッズ、ガンバ、ジェフに入団もしくは移籍しよう。そうすれば2010年南アフリカが見えてくるぞ。

※間に受けないようにご注意下さい

関連情報サイト
関連記事情報(for G-Searchデータベース)
毎日新聞 2006.08.10 東京朝刊 3頁 三面 写図有 (全3,071字)
日刊スポーツ 2006.06.25 日刊スポーツ 東京日刊 (全3,512字)
※関連記事を見るためにはG-Searchの会員登録が必要です。
※関連記事の本文表示は有料となります、ご注意ください。