sideBトップ バックナンバー 入会案内 G-Search
トップ > G-Search "side B" > 「悠仁さま」のご命名にあやかり、名前についてのあれこれ
祝ご出産!
「悠仁さま」のご命名にあやかり、名前についてのあれこれ
2006年9月15日 (text by 小)

人気の名前

6日に誕生された秋篠宮さまご夫妻のご長男のお名前が、12日の「命名の儀」で「悠仁(ひさひと)」と決まった。

「悠」という漢字の上の部分には、人の背中に水をかけて滌(あら)う形でみそぎをするという意味があるらしく、そこから「みそぎによって身心が清められ、心がゆったりと落ち着くことを悠といい、『ゆるやか、のどやか』の意味となる」そうだ。

秋篠宮さまご夫妻は、ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでほしい、との願いを込めて命名された。とても素敵な意味を持つお名前で、きっとこれから生まれてくる子供にたくさんつけられるに違いない。

今回は悠仁さまのご命名にあやかり、子供の名前についてG-Searchの新聞・雑誌記事横断検索を使い調べてみた。

最近の名前の流行

先ず、最近はどんな名前の子供が多いのか探ってみよう。
明治安田生命保険が毎年行っている名前調査で、2005年に人気があった名前ランキングは以下のとおりだ。

2005年の名前ベスト10

・男子 ・女子
1位 翔 1位 陽菜
   大翔 2位 さくら
3位 拓海 3位 美咲
4位 翔太 4位 葵
5位 颯太    美羽
6位 翼 6位 美優
7位 海斗 7位 凛
8位 輝 8位 七海
9位 太陽    美月
   大和    結衣

最近のこどもの名前はシャレてると思っていたが、ここまでとは。
私のお友達には決していなかった名前の数々に驚かされる。

昔の名前の流行

では、ずっと前はどうだったか?
大正元年生まれまで遡り、過去のデータをひもといてみると・・・

大正一年 1位 正一
大正二年 2位 正二
大正三年 3位 正三

昭和二年 2位 昭二
昭和三年 3位 昭三

子供に「お母さん、僕の名前の由来ってなあに?」と聞かれると、ちょっと答えずらい、単純明快な結果が出てしまった。

名前のトレンド

最近の名前は、女の子は明るさがイメージできるものを、男の子の名前は夏や海をイメージする文字の他、人気タレントやその年に活躍したスポーツ選手らから取ってつける傾向があるらしい。

確かに、1990年初めは貴花田ブームの影響で「貴大」「大貴」「裕貴」など 「貴」の付く名前が人気を集めていたし、1992年、1995年には、人気タレントの影響か、漢字こそ違うが「拓也」が1位に輝いている。

こうして人気の名前を追うと、その時代をわずかながらも反映していて、なかなか興味深い。

もちろんそうなると、皇室のお子さまにあやかる流行もある。

眞子さまご誕生の翌年92年には前年ランク外だった「真子」が71位に。
佳子さまご誕生の翌年95年には「佳」を使った名前が多数100位内となった。
また、愛子さまご誕生の翌年02年には、「愛」が前年の51位から8位に大躍進し、「愛」の付く名前は100位以内に10個ランクインしたほどだった。

気になる「悠」だが、最近男児の名前に使われる漢字としては既に人気が高いらしい。
2004年には17位の「悠斗」を筆頭に「悠」を使った名前が六つも100位内に入り、05年にも、12位の「悠真」「悠斗」をはじめ四つが入っている。

2006年は悠仁さまにあやかった「悠」の字がブームを呼ぶ予感。
さて何位にランクインするのか?楽しみにしていたい。

秋の夜長にぜひどうぞ

名前ばかり沢山みていると、なんだか名前酔い(?)してきてしまった。
時代によって名前の流行はあっても、どの名前からも名前をつけた人の思いが感じとれてしまうからだろう。

自分の名前の由来はご存知かと思います。
でも改めて、親御さんのいる方は自分の名前の由来を、お子さんのいる方は子供の名前の由来を親子で一緒に語り合ってみてはどうでしょう。

毎日使っている名前に少し重みが増したり、新鮮味が加わったりいつもとは違う気持ちになれるかもしれないです。

関連情報サイト
関連記事情報(for G-Searchデータベース)
2006.09.13 東京朝刊 1頁 政治面 写図有 (全777字)
2005.12.23 東京朝刊 25頁 総合 (全627字)
※関連記事を見るためにはG-Searchの会員登録が必要です。
※関連記事の本文表示は有料となります、ご注意ください。