sideBトップ バックナンバー 入会案内 G-Search
トップ > G-Search "side B" > お祭りも海外から輸入【ハロウィン】が徐々に浸透
そもそも何の日か知ってますか?
お祭りも海外から輸入【ハロウィン】が徐々に浸透
2005年11月4日 (text by ほ)

日本人ならハロインもこんな形で

クリスマスやヴァレンタインデーなど、日本にはいくつものお祭りが海外から輸入されています。今年の10月、コンビニや商店街に行くと、オレンジ色の人相の悪いカボチャがいたるところにあふれていました。

あれが日本に徐々に浸透してきたハロウィンのキャラクター「ジャック・オー・ランタン」です。しかしカボチャがあるだけで、それが何のお祭りなのかは、ちっとも分かりません。これは何の日だろうか?

ハロウィンとは?

調べてみるとハロウィンとは「キリスト教の諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる伝統行事」と紹介されています。
日本の「お盆」に近いお祭りが11月1日、2日に行われ、その前の晩はパーティーをしたり、仮装して町を練り歩いたりするようです。要はクリスマスイブと同じ前夜祭ですね。

ではハロウィンはいつ頃から日本に伝わったのでしょうか、新聞検索をしてみました。すると、時はバブル真っ盛り、1987年11月1日に【「ハロウィン」の31日、六本木のディスコで仮装パーティー】なんていう、いかにもバブリーな記事が残っています。 しかしハロウィン関連の記事はこの1件だけ。

日本には伝わっていたけれど「まだどう扱っていいのか分からない」という感じですね。

ハロウィンとクリスマス

1987年には掲載記事が1件だったハロウィンですが、それが2005年にもなると36件に増えてます。
しかも日本全国の新聞で取り上げられ、あのディズニーランドでもハロウィンがらみのイベントをやるなど、浸透の度合いが伺えます。

さて、ハロウィンにとって当面の目標でありライバルの「クリスマス」も検索してみましょう。ドドン。こちはらなんと336件!
やはりクリスマスに比べるとまだまだのようですね。

では、ハロウィンがクリスマス並にメジャーになるにはどうしたらよいのでしょうか?
日本に根付いた輸入行事と比較してみましょう。

・クリスマス
・ヴァレンタインデー
・母の日
・父の日

どうでしょう。こうやって並べるとすべてプレゼントを贈る日一覧になってますね。そうハロウィンに足りないのはまさにここです。ハロウィンがらみのプレゼント交換がありません。

「プレゼントくれなきゃ、イタズラするぞ」って作戦でメジャーを目指すのは如何でしょうか?

関連情報サイト
関連記事情報(for G-Searchデータベース)
1987.11.01 東京朝刊 23頁 社会 写図有 (全221字)
2005.10.29 地方版/北海道 22頁 写図有 (全 464字)
※関連記事を見るためにはG-Searchの会員登録が必要です。
※関連記事の本文表示は有料となります、ご注意ください。