sideBトップ バックナンバー 入会案内 G-Search
トップ > G-Search "side B" > 岩盤浴でサウナ効果
我慢するのは健康にいい?
岩盤浴でサウナ効果
2005年10月21日 (text by た)

となりよりながく!

温めた鉱石の上に寝転がって汗をかく「岩盤浴」が女性を中心に人気を集め、大型銭湯やサウナ店など、この岩盤浴を導入する施設が相次いでいる。

サウナに似ているが、無理なく汗をかける点が大きな違いで、肩こりや不眠症だけでなく美肌にも効果があるという。
また真夏でも、冷房による冷え性に悩む人や、体の冷やしすぎで夏ばて気味の人にも人気らしい。

まずは、サウナの歴史や効果について「新聞・雑誌記事横断検索」で調べてみた。

日本のサウナは東京オリンピックから

サウナは、フィンランドで二千年も前から行われている一種の自然療法であり、日本には東京オリンピック(一九六四年)の時に同国の選手が持ち込んだ。その際フィンランドの選手村にサウナが特別設置され、注目を集めたという。

本場フィンランドでは、別荘などのサウナは湖畔の近くにあり、日本の水風呂のかわりに湖に飛び込んだりするらしい。信じられないことに、冬に湖が凍っている時は、氷に穴をあけて体を入れたりするそうだ。

サウナに入る目的といえば、すぐに思いつくのがダイエットである。また、発汗による体内の老廃物の排出や、血行促進による冷え性改善などの効果があげられる。それ以外にも、終電をなくしたサラリーマンの宿泊所というイメージも強い。

サウナに入ると発汗作用で気分がスッキリするが、これは、汗が蒸発して気体に変わるとき、体から熱を奪うためだ。

大量の汗が出ることで、皮膚、汗腺、皮脂腺から汚れや余分な脂肪も排出され、毛穴もすっきりする。

温熱作用で手足や皮膚などの末梢血管が広がり、血行もよくなるそうだ。

そうなると、筋肉中にたまった疲労物質の乳酸が血液を通してどんどん排出され、同時に筋肉痛や関節痛などが軽減されて体が動かしやすくなる。

サウナで我慢するべきか?

熱いサウナに我慢して入るのが男のロマンだという風潮もあり、どうしてもサウナには我慢がつきものだと思い込んでいる方もたくさんいるだろう。私もその一人だ。

サウナに入った途端、自分の限界に挑もうという気持ちが強くなり、修行僧のような気分となる。

しかし、あまり高温のサウナでがんばり過ぎるのは体に負担がかかり、十分な注意が必要だ。サウナで大量に発汗すると体内の水分が失われ、血液はドロドロになって詰まりやすくなる。脳卒中などの危険性も高まるからだ。

サウナに入る際には、十分な水分補給をおすすめする。

また、サウナは二日酔いに効くと思い込んでいる人も多いだろう。
ところが、体内のアルコール分は汗からは排出されないという。

二日酔いの原因は、アルコールが肝臓で分解してできるアセトアルデヒドだといわれているが、水分をたくさんとって血中アルコール濃度を薄め、尿から排出しない限りは二日酔いは治らないらしい。

サウナに入ると、気分的にスカッとした気になっているだけで、二日酔いに効くというのは誤解だそうだ。

逆に、アルコールで拡張した血管をさらに拡張させるので大変な負担が体にかかってしまう。

岩盤浴とは

さて、本題の岩盤浴の話題に移ろう。

岩盤浴は元々、秋田県の玉川温泉が有名だ。「北投石(ほくとうせき)」と呼ばれる鉱石がラジウムなどの放射線を発し、国の特別天然記念物に指定されている。
がんや難病の治療、静養が目的の人が大半で、岩盤の上にゴザを敷いて寝転がる人も多いそうだ。

サウナの温度は通常80−100度。低温サウナでも60−70度。岩盤浴は体温に近い40度前後で、乾燥もしない。だから体への負担もほどよい。

岩盤浴では、鉱石による遠赤外線とマイナスイオンの相乗効果で、水に近いサラサラの汗をかくことができるらしい。

炭火で魚を焼くと、遠赤外線効果で中もほんわかと焼けるように、遠赤外線で体を温めると、体の内部から体温が上がって、脳のセンサーがゆっくり汗を出すよう命令するため、じわりと汗をかき、汗腺が汗を十分にろ過できるため、血中のミネラルを無駄に排出せず、サラサラな汗が流れ出るからだという。

肌をきれいにするだけでなく、新陳代謝や血行を促すので、冷え性、肩こりや関節痛、ダイエットなどに効果があるといわれている。

気軽に利用できる岩盤浴の施設は、この1、2年で全国的に増えている。 もし近所にあるのなら、一度その効果を試してみてはいかがだろう。

関連情報サイト
関連記事情報(for G-Searchデータベース)
2005.06.14 地方版/新潟 22頁 写図有 (全361字)
2002.05.02 日刊スポーツ 北海道日刊 (全2,132字)
※関連記事を見るためにはG-Searchの会員登録が必要です。
※関連記事の本文表示は有料となります、ご注意ください。