sideBトップ バックナンバー 入会案内 G-Search
トップ > G-Search "side B" > 冬ソナの雛人形が登場!?【変わりびな】にも韓流ブーム
こんなところにもブームの波が
冬ソナの雛人形が登場!?【変わりびな】にも韓流ブーム
2004年11月18日 (text by や)

変わり雛

その年の世相や流行を男女一対のひな人形で表現する「変わりびな」が公開された。

変わりびなの公開は上野にある人形メーカー「真多呂人形」で行われる恒例行事で、1946年から毎年5、6組の変わりびなを製作し続けている。これを年明けに披露する事で、前の年を振りかえる趣向だ。

この企画は、戦前、同社の初代社長が「社会への不満、願望を人形に言ってもらえたら」と仕事の合間に始めたもの。終戦直後の1946年に製作された「リンゴの唄びな」を最初に、以降、毎年発表してきたという。

今年の変わりびなは11月16日に次のラインナップが発表された。

・韓流ブームびな(ぺ・ヨンジュンとチェ・ジュウ)
・大リーグ記録達成びな(イチロー)
・メダルラッシュびな(浜口京子親子)
・プロ野球ストライキびな(古田敦也選手)
・新紙幣登場びな
・温泉疑惑びな

今年は「冬のソナタ」を代表とする一大韓流ブームにより、ぺ・ヨンジュンとチェ・ジュウの変わりびなが発表され各紙でも大きく報道された。また、オリンピックや野球界再編、イチローの大活躍によりスポーツ界から3つの変わりびなが作られている。

他にめでたい話題として、紀宮さまの婚約内定のニュースがあったが「制作が間に合わなかった」為見送られ、来年のご成婚びな製作が期待される。

ちなみに昨年の変わりびなの題材としては、阪神タイガース18年ぶり優勝が取り上げられている。変わりびなは、同社の人形会館にて公開されたが、前回優勝時(18年前)に作られた変わりびなも共に展示し、大阪での熱狂ぶりを伝えたという。

では、これまでの変わりびなは何が題材となっていたのか?
新聞・雑誌記事横断検索を使い調べてみた。

1985年からの「変わりびな」推移

変わりびなの起源は1946年とすでに60年の歴史を持つ。その為、新聞記事情報の収録範囲(1985年〜)ではフォローしきれないのだが、今年の変わりびなまで19年の推移を調べてみた。

2004年
・韓流ブームびな(ぺ・ヨンジュンとチェ・ジュウ)
・大リーグ記録達成びな(イチロー)
・メダルラッシュびな(浜口京子親子)
・プロ野球ストライキびな(古田敦也選手)
・新紙幣登場びな
・温泉疑惑びな

2003年
・阪神タイガース優勝びな(星野仙一、阪神タイガース)
・火星大接近びな
・水泳ニッポン復活びな(北島康介選手)
・治安悪化びな
・新型肺炎(SARS)びな

2002年
・タマちゃんウタちゃんびな
・国会不祥事びな(鈴木宗男被告と田中真紀子さん)
・ワールドカップ(W杯)びな(ベッカム選手)
・歌姫結婚びな(宇多田ヒカル)
・脱ダム知事びな(田中康夫長野県知事)

2001年
・どっちもどっちびな(田中真紀子さん)
・構造改革びな(小泉首相)
・メジャーリーグ活躍びな(イチロー)
・底無し不況びな
・木村拓哉、工藤静香夫妻の心美ちゃん出産びな

2000年
・シドニー五輪びな(高橋尚子選手と小出義雄監督)
・失言総理びな(森元首相)
・IT革命びな
・異物混入びな

1999年
・自自公ごり押しびな(自民、自由、公明の三党首)
・ヒカル・だんごびな(宇多田ヒカル、だんご3兄弟)
・石原新都知事びな(石原・東京都知事)
・老人介護びな
・美白VSガングロ(顔黒)びな

1998年
・貸し渋りびな
・防衛庁不祥事びな
・大リーグホームランびな(マグワイア)
・キャミソールびな
・環境汚染びな

1997年
・行革阻止びな(橋本竜太郎元首相)
・アムロびな(安室奈美恵、SAM)
・長野五輪びな

1996年
・ノーヒット・ノーランびな(野茂英雄投手)
・アトランタ五輪びな(有森裕子選手)
・アムラーびな(安室奈美恵、小室哲哉)
・沖縄基地問題びな(大田昌秀さん)
・しらけ選挙びな

1995年
・トルネードびな(野茂英雄投手、ジョディ・ハーラーさん)
・公約不履行びな(青島幸男さん)
・核実験反対びな
・金融不安びな
・へそ出しびな

1994年
・何でも賛成びな(村山首相と田中真紀子さん)
・宇宙飛行びな(向井千秋さん、毛利衛さん)
・異常渇水びな
・契約スチュワーデスびな

1993年
・ご成婚びな(皇太子さまと雅子さま)
・政権交代びな(細川元首相、土井たか子元議長)
・ゼネコン汚職びな

1992年
・スーパーカップル誕生びな(貴花田、宮沢りえ)
・スペースシャトルびな(毛利衛さん)
・佐川急便事件びな(金丸信・前自民党副総裁)
・プロサッカーびな

1991年
・バブルびな(尾上縫さん)
・カムバックびな(美川憲一、山本リンダ)
・眞子さまご誕生びな(秋篠宮ご一家)
・大相撲びな(貴花田)

1990年
・ゴルバチョフ来日びな(ゴルバチョフ・ソ連大統領夫妻)
・求人難びな
・新都庁落成びな
・豪華客船びな

1989年
・プロポーズ雛(礼宮さまと川嶋紀子さん)
・変竹林びな(竹やぶから2億3000万円余りが発見)
・消費税対決びな
・地球環境びな

1987年
・地上げ屋横行びな
・スーパースター来日びな(マイケル・ジャクソンとマドンナ)

1986年
・地価高騰びな
・新人類びな
・温泉ブームびな

1985年
・トラフィーバーびな(阪神タイガース優勝)
・宇宙飛行士びな
・不透明びな(三浦疑惑)
・インチキ商法びな(豊田商事)
・いじめ追放びな
・経済摩擦びな

改めてその年の顔とされた人物や出来事を見てみると、スポーツ界では大リーグへ挑戦し結果を出したイチロー、野茂がそれぞれ2回登場と目立ち、社会面では毛利衛さん、安室奈美恵さんがやはり2回登場している。また、政治面では田中真紀子さんが3回と全体を通じてダントツトップとなり、その時々に社会に与えた印象の強さを感じさせた。

また、87年の地上げびなや90年の求人難びな。95年のヘソだしびなや99年のガングロびな等、「変わりびな」を年毎に並べてみることで時代の移り変わりを感じられそうだ。

「真多呂人形」では同社の人形会館にて年明けに一般公開を行うとの事。毎年の恒例ではここで過去の変わりびな展示も行われるのだが、来年も同様の催しを行うのであれば是非とも見たいものだ。

関連情報サイト
関連記事情報(for G-Searchデータベース)
2004.11.16 東京夕刊 8頁 社会 写図有 (全319字) ※本文50円
2003.11.18 東京夕刊 8頁 社会 写図有 (全398字) ※本文50円
※関連記事を見るためにはG-Searchの会員登録が必要です。
※関連記事の本文表示は有料となります、ご注意ください。