トップ > G-Search "side B" > 旬の話題
旬の話題
2004年5月27日更新

地域限定で大活躍。ローカルヒーロー各地に登場!

●ローカルヒーローって何?

特産品とコラボレーションした地域限定商品と同じく、その土地ならでは文化とコラボレーションしたヒーローが活躍している。「ローカルヒーロー」と呼ばれる彼等は、過疎や観光収入の減る地方都市を活性化させる為、北は北海道から南は沖縄まで全国各地で活躍しているのだ!


●ローカルヒーローは何故戦うのか?

ローカルヒーローの先駆けとされるのは、99年夏から種子島で活躍をする「離島戦隊タネガシマン」だ。先駆者として他のヒーロー達から師匠と仰がれる彼等の活動スタイルは常に地方を向いており、そこからローカルヒーローが目指すものが見えてくる。

タネガシマンは中種子町青年団OBにより結成され、キャラクター、演出、音響まで全て手作り。活動目的は種子島の活性化だ。
その為、キャラクタ設定等の細部にわたって種子島にこだわり、種子島の歴史や産物に関連するものをヒーローの中に多種多様に取り入れている。

例えば、3人組のタネガシマンは地元1市2町の出身であり、キャラクターイメージにはベニチョウや宇宙ロケット、火縄銃といった種子島独特の文化や環境が盛り込まれている。また、敵役のネーミングには種子島の方言がベースとして使われている。

さらに活動の主体となるショウのストーリーが秀逸だ。

敵役のジャスロウ帝国(種子島方言でいじめる・なぐる)は、種子島が抱える地方独特の問題に付け入り種子島侵略を計画する。それをタネガシマンが防ぐ為に戦うのだ。

戦いの中、タネガシマンはジャスロウが侵略の手段とする地方問題に苦しむが、郷土愛を信じることで戦い抜く。地方問題を浮き彫りにする事で住民の郷土意識を刺激、それを考えさせ解決を訴える展開となるのが特長的だ。


●データベースで全国のローカルヒーローを探す

タネガシマンの活躍を受け、ローカルヒーローが全国に広がりを見せている。
どんなヒーローが活躍をしているのか 新聞・雑誌記事横断検索 を利用して調べてみた。

キーワードを 「ローカルヒーロー OR (地域限定 AND ヒーロー)」として検索すると60件近くの記事がヒットする。

記事から主なローカルヒーローとその活動目標をピックアップすると、次のようになる。

ヒーロー名 活動地域 主な目的
県立戦隊アオモレンジャー 青森県 地域活性、地元特産品PR
地域戦隊カッセイカマン 長野県下條村 地域資源の掘り起こし
沼南戦隊テガレンジャー 千葉県沼南
(しょうなん)町
手賀沼の浄化と町のPR
ジャージマン 東京都練馬区
多摩川戦隊コマレンジャー 東京都狛江市 狛江市を元気にすること
平戸防衛戦隊ひらどしマン 長崎県平戸市 平戸市を元気づける、特産品PR
オモチャキッド 鹿児島市 おもちゃのリサイクル
アースマン NPO組織
北九州国際
自然大学校
環境保護
離島戦隊タネガシマン 種子島 地域活性、文化保護
ヨナバルファイタースリー 沖縄県与那原町 地域活性、特産品PR
黄金戦隊かぼっちゃマン 沖縄県南風原 特産品のカボチャPR

全国各地に存在するヒーローだが、殆どはそれぞれの地域活性化の為に戦うという点で共通しているのが判る。


●ヒーローサミット開催

種子島から全国に広がったローカルヒーローだが、ついに各地のヒーローが集まるヒーローサミットが開かれた。ヒーロー夢の競演だ。

サミットは2001年3月、2002年11月に開催。
1回目のサミットは、平戸市が日蘭交流四百周年記念事業の一環として企画した「ローカルヒーローフェスティバルin平戸」、2回目のサミットは、「第十一回はえばる2002ふるさと博覧会・第八回福祉まつり」の一環としてそれぞれ開かれた。

参加したのは九州各地のローカルヒーローで、地元の「平戸防衛戦隊ひらどしマン」の他、「離島戦隊タネガシマン」、「黄金戦隊かぼっちゃマン」。

イベントではヒーローとしてショウを演じるのだが、終了後には「イベントを通じた地域おこし・まちづくり・ひとづくり」をテーマとしたパネルディスカッションを開催し、各ローカルヒーローのリーダーが参加した。ヒーローコスチュームで真剣に地域活性化について語る姿を想像するだけで面白い。

しかしそのコスチュームは真剣な地方問題への取り組むが故の姿だ。

それがハッキリと表れたのが「イベント開催は目的ではなく、楽しみながら地域を変えていくための手法」というサミットで一致したローカルヒーローに対する認識だ。

地域問題に対する苦肉の策としてローカルヒーローは生み出されており、彼等は、ブラウン管で戦うヒーロー同様かそれ以上に戦いの終焉(地方問題の解決)を願っているのだろう。

今後もローカルヒーロー達の戦いは続くが、全国のヒーローが力を合わせる事で戦いが終焉を迎えられるよう、応援したい。

※次回更新日は、6月3日(木)の予定です。バックナンバーを見る トップにもどる
このコラムについて

こんなヒーローは嫌だな・・・


関連記事リンク

[2001・ながさき元気人]/1 平戸防衛戦隊ひらどしマン /長崎
毎日新聞記事情報 2001.08.14 地方版/長崎 19頁 写図有 (全1042字)

21世紀の風起こす、ローカルヒーロー見参 「離島戦隊タネガシマン」 /鹿児島
毎日新聞記事情報 2001.01.01 地方版/鹿児島 27頁 写図有 (全5000字)

[選挙]鹿児島市議選 あの手この手で啓発 ローカルヒーローも登場 /鹿児島
毎日新聞記事情報 2004.04.14 地方版/鹿児島 19頁 写図有 (全505字)



G-Search
株式会社ジー・サーチ