G-Search F.A.Q.

検索Tips FAQ一覧へ
検索Tipsでは、検索についてのちょっとした疑問、もれなく検索するためのテクニックなどをご紹介します。

新聞記事データベースができるまで



新聞記事データベースの収録は、以下のような流れで行われます。
新聞記事データベース収録の流れ(1)
その後、印刷紙面用の編集とは別に、データベースへ収録するために、以下のような編集が行われる場合があります。
  • データベースに収録しない記事データの削除

    通信社が配信した記事や外部記者が書いた記事や寄稿など、新聞社自身に著作権がない記事等に関しては、データベースへの収録対象外となります。

  • 見出しの編集

    記事の見出し中の表記ゆれなどを統一し、適切な言葉に置き換えます。長すぎる場合は言葉の置換えや簡略化などによって一定の長さ以内にする場合があります。

    紙面の見出しを整理し、後から見たときに分かりやすいように「米大統領」ではなく、「ブッシュ米大統領」に置き換えています。

    ポイント 紙面の記事を参照して検索する場合、見出しの言葉で検索してもヒットしない場合は、本文中の言葉を使用して検索してみて下さい。


  • 検索用キーワード・分類コードの付与

    一部の新聞記事データベースでは、独自の検索用キーワードや分類コードを付与しています。 また、日刊工業新聞では、固有の辞書に基づいた統制語を付与しています。

     例 : 日刊工業新聞記事情報の分類選択

    ポイント 検索用キーワードや分類コードを検索に使用するには、各データベース個別の検索画面から検索して下さい。

    検索用キーワードや記事分類で検索できる記事データベースをご紹介します。ぜひ活用してみてください。

    サービス キーワード 記事分類
    朝日新聞
    読売新聞
    毎日新聞
    産経新聞
    北海道新聞
    河北新報
    下野新聞
    中国新聞
    日刊工業新聞
    日刊薬業
    サービス キーワード 記事分類
    ニッキン
    日刊建設工業新聞
    建設通信新聞
    日本食糧新聞
    日刊スポーツ
    スポーツニッポン
    NNAアジア経済
    CHINA HEADLINE
    AERA
    週刊朝日

データベースへの搭載
新聞社で編集された記事データは、ジー・サーチへ送信されます。

新聞記事データベース収録の流れ(2)

ジー・サーチでは、この記事データをデータベースシステムに搭載し、それぞれの新聞社が作成した分類などを生かした 一般紙専門紙 の個々のデータベースと、新聞データベースをまとめて検索できる 横断検索サービス を提供しています。

(G-Search sideB データベースのツボ掲載記事より)
※掲載にあたり、一部加筆・修正しています。

G-Search
All Rights Reserved. Copyright(c) G-Search